CF-240-TPL(パイプフードタイプ),49275円,toukaen.jp,小屋裏換気シリーズ,/millward198784.html,屋根裏換気,セイホープロダクツ,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 空調工具,風之介(かぜのすけ)ブロワー24セット 信頼 小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 セイホープロダクツ 風之介 パイプフードタイプ ブロワー24セット CF-240-TPL かぜのすけ 49275円 小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 セイホープロダクツ 風之介(かぜのすけ)ブロワー24セット CF-240-TPL(パイプフードタイプ) 花・ガーデン・DIY DIY・工具 空調工具 49275円 小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 セイホープロダクツ 風之介(かぜのすけ)ブロワー24セット CF-240-TPL(パイプフードタイプ) 花・ガーデン・DIY DIY・工具 空調工具 CF-240-TPL(パイプフードタイプ),49275円,toukaen.jp,小屋裏換気シリーズ,/millward198784.html,屋根裏換気,セイホープロダクツ,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 空調工具,風之介(かぜのすけ)ブロワー24セット 信頼 小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 セイホープロダクツ 風之介 パイプフードタイプ ブロワー24セット CF-240-TPL かぜのすけ

信頼 小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 待望 セイホープロダクツ 風之介 パイプフードタイプ ブロワー24セット CF-240-TPL かぜのすけ

小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 セイホープロダクツ 風之介(かぜのすけ)ブロワー24セット CF-240-TPL(パイプフードタイプ)

49275円

小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 セイホープロダクツ 風之介(かぜのすけ)ブロワー24セット CF-240-TPL(パイプフードタイプ)








24時間換気(強/弱、切替)タイプ
建築基準法の改正において「シックハウス法」が施行され、室内の24時間換気が義務付けされました。しかし、強制的に室内の換気を行うと、室内の気圧が下がり、天井裏等に停滞していた化学物質や湿気が室内へ引き込まれてきます。(第3種換気を行う場合に限る)「風之介ブロワー24」は天井裏を24時間連続して換気を行い、強制換気された室内よりも気圧を下げることで、化学物質や湿気が室内に流入するのを防ぎ、安全な住環境を作ります。温度センサー付コントローラーで天井裏の温度を検知して強、弱切替運転します。新設計の高性能2速モータは天井裏の温度が上昇すると強運転し、熱気を強力に排気。温度が下がると弱運転します。モータ動作中の発熱を抑え、長時間の連続使用が可能になりました。

【セット内容】
本体×2台
システムコントローラーSC-240×1個
付属部品一式

【主要構成材料】
ABS樹脂+アルミダクト
シルバーメタリック仕上げ

【対応面積】
20坪まで/セット(一般的な使用環境での目安です)

【保証期間】
3年間(コントローラーの保証期間は2年間です)

【標準価格】
¥170,000/セット(税抜)
商品の価格は工事費別途となります。工事込販売価格は施工内容・家屋の構造・各種付帯工事によって異なるため販売店が独自に定めております。くわしくは販売店にお問合せください。

★コントローラーの換気システム最大取付台数
モータ負荷 最大255W(タイマー/コントローラー1個)
◎排気型・撹拌型の場合、1台あたり:30W×8台=240W

★電気代
◎1ヶ月、1台あたり:約329円
◎1ヶ月、1セットあたり:約329円×2台=約658円
 (1日 強運転10時間、弱運転14時間運転、60Hz、1kWh=22円)
参考)一ヶ月の電気代計算式
消費電力(W)× 0.001 × 運転時間(h)× 日数 × 電気代単価(円/kWh)

小屋裏換気シリーズ 屋根裏換気 セイホープロダクツ 風之介(かぜのすけ)ブロワー24セット CF-240-TPL(パイプフードタイプ)

水の未来は、地球の未来

続きを読む 

Industrial Automation to Industrial Autonomy:操業の自律化の現状とこれからの道のり

続きを読む 

卓越した操業を実現する OpreX 5カテゴリー

OpreX ブランドサイト 

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

研究者と共に

YOKOGAWAのライフイノベーション事業は、コロナウイルス研究者と連携し、新薬やワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。

AIへの期待とIA分野での活用

必要なデータを取得して継続的にデータ解析をすることで、お客様の課題を解決する支援をします。


トップ